2004年夏 台湾旅行

皇帝の玉印ではないが、ヒスイなどで作成された
印鑑 (玉印は別に展示されていた)

親子3代(90年)かけて作成された。象牙で17層の球が細工されている

交代終了するとここから1時間 身動きが許されない

衛兵の交代が完了すると、その衛兵は、身動きが許されない。次の交代まで1時間
この衛兵は超エリートでなければ任命されないとのこと

改札口

新光摩天展望台(三越の上にある46Fが展望台)

豚の角煮 ではありません 岩石です。

非常に有名な ヒスイの白菜(皇帝を表す)。白菜にはキリギリスが2匹表現されており、皇帝に仕える悪い官僚を表しているという現地ガイドの説明があった。直接皇帝に進言できないため、このような作品が作成された1品 とのこと。公式解説は少し違っているが。

圓山大飯店  空港から台北に入るときに真っ先に見える

県泰豊 :上海点心の店 非常に混雑していた。
混雑していただけあり、味はいい

夏休みの関係で、今回は台湾(台北)に旅行することにした。何度か訪問した地ではあるが、ビジネスではなくプライベートとしては初めての訪問であった。

228事件とは外省人と内省人との関係した事件とのこと。地元の観光客もたくさん訪問している

観光地としてお土産屋がたくさん。臭豆腐というのがあって、慣れてもなかなか大変
日本の納豆みたいなものかもしれない

衛兵の交代式が有名

台湾国家に貢献し殉職した人を祀るところらしい

台北駅 切符売り場

新光摩天展望台が遠くに見える

関西空港 出発
正中紀念堂
蒋介石 像

とにかくでかい

展望台からの夜景
台北駅
故宮博物院

今回は博物院の改修工事のため、通常の展示を見ることができなかった。
台湾に持ってくることができなかった大物の財宝は北京にあるが、7万点の財宝が
台湾にある。後ろに見える山の中に収蔵保管されており、一般公開される数千点
を見ることができる。

以前にも故宮博物院を訪問したときは個人で見て回ったため、作品の裏に隠されているエピソードなどがわからなかった。改修が終わったら、もう一度訪問してみたい。
ゆっくり見ていくとおそらく2日ぐらいは十分にかかる。5000年前の石器時代からの
展示がすばらしい。貨幣的な価値がつけられない宝物がたくさんある。

九分
龍山寺

仏と神と両方共存しているとのこと
いろいろな願いがかなうらしい

学業、縁結び、海上安全、何でも願いがかなう便利なお寺。(本当かどうかわかりませんが・・・)

とりあえず次男が受験であるので、学業の神様にお賽銭をいれておいたが、その効用があるかどうか・・・

台北駅 展望台から

台北から北に1時間ぐらいのところ
228事件という台湾では有名な映画が作られた場所

今回の旅行は雨がよく降ったが、それなりに楽しめた旅であった。MRT(地下鉄)も、安全であるし
夜遅くなっても、たくさんの人が乗っている。夜の10時 ごろでも小学生や中学/高校生が乗っている
塾に通っているのだろうか。今回の旅は 自分自身のリフレッシュもかねて非常に有意義であった。
また来年に向けて目標と計画を立て実現に向けて努力したいと思う。