SSTV/PSK31/RTTY

同じく MMRTTYのソフトを起動するだけで、接続構成は、上記SSTVとPSK31と
同じです。ソフトを差し替えるだけで各種のモードでの交信を行うことができます。

SSTVと同じ接続 でパソコン上のソフトをWINPSKを利用させていただいております。

1 SSTV

切り替え機

   3台のリグの切り替えとパソコンの
   音源ボードに入出力を切り替える

2 PSK31

AO40による交信の場合は、FT736で受信し、FT847で送信しているため、AO−40の交信で
SSTVやPSK31,RTTYを行う場合、SWで入力信号をFT736からパソコンに切り替えられるように
SWを取り付けています。

回路図はあくまでも参考としてください。

SSTV切り替え機の回路データ

回路図は、BSCHのツールを使って記述しました。

パソコンと、送受信時にPTTを制御する簡単な装置を組み合わせて SSTV、PSK31、RTTY
の運用を行っています。

MMSSTVを利用させていただき、SSTVの画面の送受信を行っております。
非常に簡単にSSTVの送受信を行うことができます。

切り替え機は JASTA(日本アマチュアSSTV協会)
の切り替え機をベースに、機能追加を行ったものです。 

パソコンの音源ボードの
INとOUTの信号を、MICと
スピーカーに接続したものです。

3 RTTY