自動追尾装置の製作

PICNICの制御ボードに対してローテータを動作させる機能と、人工衛星の軌道計算ソフト
CALSAT32のDDEインターフェースから人工衛星の情報を取得し、そのデータをもとに
信号を発生させる機能を有する

PICNICの基板   PICNICドライブ基板  

1  ハードウェア編

人工衛星の動きに沿って、アンテナを制御するための装置を開発しました。
ハードウェアーおよびプログラムの開発を行いましたので、その概要を紹介いたします。

水平/仰角制御基板

人工衛星 による交信をより円滑にし、衛星を追跡するための装置

CALSAT32で計算された人工衛星のデータをDDE
インターフェースから取得し、水平/仰角のローテータに対して
制御信号を送り、衛星を追尾するものです。

2  ソフトウェアー編

詳細仕様はここを
クリックしてください

回路構成として、次のものが必要となります。
   @PICNIC・・イーサーネットで接続できるキットで、AD変換のポート2ポート
           と4ビットのパラレルポートを使ってアンテナの制御を行う
   A水平制御回路/仰角制御回路・・モータの供給電圧が違うだけで回路的には同じ回路
   BPICNICとの接続ドライバー回路・・オープンコレクタのトランジスタを組み込み信号を
           Aの制御回路に伝達する回路
    

アンテナの基点は北を基点とし、北→東→南→西→北
で回転することを基準に設計しています。

プログラムの詳細情報は
ここをクリックしてください