人工衛星による通信
      

地上波による音声交信 以外のことに挑戦してみようと、2000年 から、人工衛星の知識など全く
ないところから始めました。 
 

人工衛星がいつどの時間に、どの方向から可視範囲に入ってくるのか
  人工衛星の軌道計算などを行い、予想時刻、方向などを示してくれるwindowsで動作するプログラム
  CALSAT32を利用させていただいておりました。(検索エンジンで検索すると、すぐに見つかります)

CALSAT32の軌道計算プログラムの機能を研究し、自分でも軌道計算プログラムが作れないかと思い
 TYRしてみました。何とか使えるレベルかと思いますので、自作の軌道計算プログラムKSATを登録しました
 もし使っていただける方がおられましたら、ダウンロードしてみてください。





このソフトによって、方位、角度、時間などの情報から、事前にその方向にアンテナを向け待ち構えていると
ドップラー効果を考慮して周波数を調整する必要はありますが、時間になると音声やビーコン電波が聞こえてきます。
各衛星に対する送信周波数や受信周波数は、衛星によってことなりますので、事前に調べておく必要があります。
これらの情報は、JAMSATに情報があります。

まずは受信から
  当初は、衛星を追跡するローテータはもっていなかったので、仰角15度で144MHZ,430MHZの2本のアンテナ
  を固定で設置し、人工衛星からの電波を受信していましたが、低軌道の衛星は長くて15分ぐらい見えているのですが
  固定アンテナの場合、2−3分ぐらいしか聞こえなかった。
  低軌道の衛星は、多くの方がTRYしているので、占有して交信することはできないので、コールサインとシグナルリポート
  と簡単な内容の交信となります。

交信のTRY
  実際に交信する前に、短く電波を出して、自分自身が出した電波が聞こえるかどうか
  UO−14のFMの人工衛星にねらいをつけて、電波を出して見ましたが、なかなかうまくいかない。
  固定アンテナのため、可能なタイミングが非常に少ない関係で、やはりローテータで、追跡しなければ
  ならないと考え、水平ローテータを、オークションで入手。設置後 仰角は固定ではあるが、人工衛星の飛行経路
  にあわせて、追跡。仰角10度から20度の軌道の時に挑戦  なんと自分の発した声が、きこえるではないか!!
  
  これならば、交信成立する可能性があると思い、仰角が10度から20度の時を見計らい、相手局のコールサインが
  確認できた段階で、コールしてみたら、なんと こちらのコールサインとシグナルリポートを送っていただくことができた。
  こちらからもコールサインとシグナルリポートを送り、交信成立 30秒はかからなかったように思いますが
  今までにない感動がありました。

人工衛星の軌道予想プログラムの作成(KSAT)
  CALSAT32の軌道予測や各種機能を持ったプログラムを見て、まずは同じ様な物が作れないか検討をして
  見ました。その経過については、 別のページにて説明をいたします。(プログラムのダウンロードも可能です)



リグの状態


RIGの詳細構成


交信した人工衛星の種類

  1. AO-40  
  2. UO-14
  3. FO-20
  4. FO-29
  5. FO-27
  6. AO-10
  7. SO-50
  8. AO-51
  9. VO-52